2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My Favorites

2022年5月26日 (木)

リラックマ友の会

リラックマのオフィシャルファンクラブ「リラックマ友の会」
皆さん、入会されていますか💓

リラックマ友の会 Official Fan Club

2021年6月 5日 (土)

あなたのそばにリラックマ

癒されますね〜(・㉨・)💕

「あなたのそばにリラックマ」テーマ

2020年6月28日 (日)

リラックマとカオルさん

DVD・Blu-rayが発売されました。
(・㉨・)🎵

2019年11月13日 (水)

LAWSONで話題の中華まん「コリラックまん」を食べてみた

ローソンで11月12日(火)より発売の中華まん「コリラックまん」
昨年度は「リラックまん」でしたが(この記事の最後に、その画像を添付しました)、今年はローソンとコリラックマとのコラボ商品💓
発売前から、その再現度の高さとあまりのかわいらしさで話題でしたが、その「コリラックまん」を買って食べてみましたので、簡単にご紹介します。

「コリラックまん」の価格は?

税込み200円です。

コンビニエンスストアの中華まんとしては少し高めですが、コリラックマですからね。こんなものでしょう。

「コリラックまん」の外観は?

写真ではリアルにコリラックマが再現されているけれど、実際はどうでしょうか?!


Img_4330 Img_4331

ちょっとシワシワした感じはありましたが、立派なコリラックマでした!
なお、2枚目の写真の上にある箱は「コリラックまん」付属ではなくて、今年の「秋のローソンフェア」の「たまるよスタンプ」でもらえる「コリラックマボウル」の外箱です。

「コリラックまん」のお味は?

食べてしまうのが惜しい気はしましたが、思い切ってカプリ!

Img_43331

私の写真ではちょっと分かりにくいですが、中身はイチゴ風味のカスタードクリーム。ほのかな甘さで食べやすく、無事(?)に完食しました。

食べ終わった後の「コリラックまん」の敷紙には、リラックマとコリラックマ、キイロイトリがいっぱい描かれていました。これも昨年と似ていてかわいらしいですね。

Img_43341

今回はコリラックマとのコラボレーションでしたが、キイロイトリやチャイロイコグマなどと中華まんとのコラボレーションも見てみたいですね。

以上、「コリラックまん」を味わった感想でした。

 

» 続きを読む

2019年4月21日 (日)

妹の作品が「リラックマ15周年記念フォトコンテスト」受賞、その攻略法について

お知らせ(2019/4/21)
以下、2018年10月1日に私のブログ「レストカフェ-ゆーじあむ」に掲載した記事をこちらのブログへ移しました。

今日は個人的にめでたいことがあったので、下に記します。

Img_3966

リラックマ15周年記念フォトコンテスト

上のリラックマ・ケーキの写真は、撮影者である「かおりん」さん(=私の妹)の許可を得て掲載したものですが、リラックマたちがデザインされた妹の手作りケーキの作品です。
この愛らしい写真が、先日催された「リラックマ15周年記念フォトコンテスト」キャラフード部門優秀賞に選ばれました!

最優秀・優秀賞の受賞者の皆様の写真は、リラックマ公式ブログの以下の記事で鑑賞できます。

リラックマ15周年記念フォトコンテスト☆結果発表|Rilakkumaごゆるりブログ(2018/10/01)

キャラフード部門のほかに、コレクターズ部門、ごゆるりさんぽ部門の受賞者の写真が発表されていますが、みなさん、すごいです

私も「リラックマ愛」は負けないつもりですが、リラックマな性格なので、このように素晴らしい写真は撮れません(汗)

受賞者の皆様、おめでとうございます!

キャラフード部門はフォトコンテストで当選しやすい狙い目かも

ところで、妹に伺ったところ、今回のコンテストはコレクターズ部門やごゆるりさんぽ部門に比べると、キャラフード部門コンテスト参加率は圧倒的に低かったようです。
今回のコンテストはイInstagramとTwitterで募集されたようですが、Instagramの現在のハッシュタグ数( #リラックマ15周年フォトコン○○部門;○○は部門名)を検索すると、以下のようになりました。(2018年11月21日時点)

コレクターズ部門 投稿1,497件
キャラフード部門 投稿218件
ごゆるりさんぽ部門 投稿2,398件

Twitterはハッシュタグ数が分かりにくいですが、おそらく似たような傾向だと思われます。

確かに、キャラフード部門は美味しそうなフードを作る必要があるから、他の部門に比べれば少し一手間かかるのかもしれません。
また、素敵なキャラフードを作られる方全員が、コンテストに参加するとも限りません。
今回のフォトコンテストのようにいくつかの部門がある場合は、少し手間がかかる部門を選択することで、当選の確率が少し上がる可能性が高いです。

もちろん、リラックマのぬいぐるみをコレクションすることは、これはこれで色々大変ですし、リラックマのぬいぐるみと一緒に各地を旅することも、これはこれで大変であることは承知しています。
(何が手間がかかるのかは、人それぞれです。)

自分が楽しんでコンテストに参加することは大切!

ただし、少し手間がかかっても自分が楽しければOKだと思いますが、もし、手間がかかることで自分が楽しくなくなるなら、それは「のんびりだららん」リラックマの精神に反することだと個人的には思います。
楽しくリラックマをコレクションし、楽しくリラックマのキャラフードを作り、楽しくリラックマとお散歩するのが一番だと思います。

終わりに;早速実践してみました

私は写真を撮るのが苦手なので、フォトコンテストにはあまり参加したことがありません。
でも、先日ちょっとした「リラックマ写真デコ」キャンペーンに参加してみました。
それが、こちらのツイートになります。

https://twitter.com/yuseum/status/1061496354524950539

このキャンペーンはコンテストではなく、参加者の中から抽選でプレゼント(リラックマタオル)が当たるというものでしたが、なんと「リラックマフェイスタオル」(1名様)が当選したのです!
このキャンペーンは#のハッシュタグとURLを記載して参加する必要があったのですが、初回のキャンペーンだったということもあって、それらの条件が満たされていない参加者も結構いたようで、結果的に競争率が低くなったのが当選の要因だと思われます。
決して、私の写真デコの出来が素晴らしかったわけではないことは、自覚しています。

何事も参加しなければ始まりません。 少々下手でも、自分が楽しめるならどんどん参加したいと思います。
ちなみに、この「リラックマ写真デコ」の第2回キャンペーンにも先日参加しました。
そちらは、特に何かが当選したということはありませんでしたが、そう頻繁に当たるわけはないです。

«防災の日に「リラックマ防災ぬいぐるみ」の中身を確認する

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ